月に一度、幸せを感じるお買い物

私が住む近所のスーパーは、月に一度大々的な広告を入れて、安売りをします。
その日は、たまねぎ、にんじん、じゃがいもが1個20円で販売されます。
しかし一人が買えるのはすべて合わせて15個までです。
つまり、たまねぎ5個、にんじん5個、じゃがいも5個でもいいし、たまねぎ15個購入しても構いません。

台風の影響や、雨や日照時間の関係で農作物の出来が変わると、スーパーで販売される野菜の価格にも大きく影響してきます。
月1回、年12回この安売りに参加していると「今回のじゃがいもは小さいね」とか「今回のたまねぎは大きいね」という会話も当たり前になります。
一時期、じゃがいもが高値で販売されていることがあり、一般家庭の主婦には手が届かない値段の時がありました。
そんな時、待ち遠しいのはそのスーパーの安売り日です。

「今回はじゃがいも1点狙いでいくよ!」家族に朝からそう宣言すると、開店20分前には到着して並びます。
予想通り、たまねぎ、にんじん、じゃがいもの順に並べられた野菜は、誰もがじゃがいもの箱の前に集まり、じゃがいもばかりを買っていくのです。
私の番がきて、少しでも大きいじゃがいもを探すと、ダンボールの一番下に大きめのじゃがいものが入っていることに気づきました。
底の方から大きいじゃがいものを掘り出し、一枚のビニールに10個、もう一枚のビニールに5個詰めて、合計15個のじゃがいものをスーパーのカゴに入れてレジを済ませたとき「なんてお得にじゃがいもが買えたんだ、ラッキー!!」と幸せを感じます。セブンデイズカラースムージーって効果どうなの?

体が資本!食事を楽しく食べているときは本当にしあわせ

 私が幸せを感じる瞬間は、家族で食事をしているときです。今日一日の出来事や、相談、TVの話なんかをしながら時には爆笑して食べれないときもあるほど楽しい時は、本当に幸せを感じます。もぐもぐ、パクパク美味しそうに食べてくれている姿も最高にハッピーな気持ちになります。子供たちも「やっぱりこの家族は最高だな!」なんて小さい声で呟いていると聞こえないふりはしますが子供たちもそう感じているんだと胸がいっぱいになります。
 外食しても、たくさんお話をして年頃の長男ともコミュニケーションを取り悩み事はないかなどを聞いている・・・つもりですが最終的には自分が愚痴を聞いてもらっているなんてことはしょっちゅうあります。でも、それを受け入れてくれる家族がいるってやはり明日への活力になるし、彼らのためにも頑張らなくてはという自分への栄養剤になります。食事は生きていくのに大切だから笑いながら楽しく、美味しく食べたいと心がけています。あとはあんまり子供たちに干渉しないようにしてますが、食事だけはみんなでそろって食べるように気を配っています。塾や学校が遅くなることもありますが、一人で食事することのないように遅くなっても他のみんなもおやつを食べながら一緒に席についてしゃべりながら食べています。本当に毎日のこの瞬間が一番幸せで料理をつくるのも楽しいです。
 時間に追われる毎日ですが、ほんのひと時を大切にして家族の様子や表情に目を向けて支え合っていくことをこれからもずっと続けたいです。ドモホルンリンクル|どこで買えば安く買える?まずは無料お試しセット

家族と一緒に過ごす時間について

私の日常生活の中には、小さな幸せを感じる瞬間がたくさんあります。その1つであり、最も多くの幸せを感じる時が家族と過ごす時間です。作ったご飯を「おいしい」とおかわりしてくれたり、お互いにいろいろな話をしたり聞いたり、休みの日には公園で思い切り遊んだりと、毎日一緒に過ごす家族なので挙げたらきりがないくらいです。その中でも特に夜は、眠る前にひとしきり遊び「寒いー」と少しひんやりする布団にみんなでギュッとくっついて入り、子どもたちがウトウトするまでのひと時を、しりとりをしたり絵本を読んで過ごしたります。眠い目をこすってあくび交じりに「まだ眠れない」という子どもたちをそっと抱き寄せ、頭を撫でながら「大きくなったな」と思っているうちにいつの間にかすやすやと寝息を立てている、まさに天使の寝顔を見ると自然を笑みがこぼれ、とてつもない幸せを感じます。もちろん1つひとつのことも幸せに感じる時ですが、何よりその瞬間に幸せそうな寝顔や屈託のない笑顔、賑やかな笑い声が溢れていることに心より「幸せだな」と感じるのです。それは、まるで心の奥が湯たんぽ入りの布団の中でぬくぬくと温かくなっていくようです。時には、大変な時や悩む時もありますが、それも含めて、乗り越えての幸せな日々だと思います。また、過ぎてしまえば一瞬のことのようにも思えます。甘えたり、甘えられたり、素のままの自分でいられたり、たまには喧嘩をすることもあってもまた心から笑いあえます。家族がいるから、自分の居場所があるから「がんばろう」という気持ちになるし、この上ない幸せを感じています。ヒートスリムの口コミはどうなの?

別れる決意をさせてくれた今の主人

今の主人と出会ったとき、私は別の男性と婚姻関係にありました。
元夫とは15歳の時に出会い、24歳の時に彼のお父さんが余命宣告をされたことをきっかけに結婚しました。
付き合っているころから怒ると暴力を振るわれていました。しかし、別れることもできずにだらだらと何年も付き合っていました。
当時の私はかなり太っていたこともあり、この人以外とは結婚することが出来ないと思い込んでいました。
どけだれ暴力を振るわれても後から優しくなる彼。いつもいつも許していました。
結婚して1年が経った頃、彼のお父さんが亡くなりました。彼がひどくなったのはそれからでした。
暴力が殴られる蹴られるに加えて言葉の暴力も始まったのです。
私の両親や友達、私に関わる全ての人を悪く言うようになったのです。もう耐えられなくなりました。
結婚してから始めたダイエットが成功して自分にも自信が持てるようになった頃でした。
SNSを通して大学時代の友達何人かと再会しました。その中にいたのが今の主人です。
結婚している事を隠しているわけてはなかったのですが、特に結婚していることを話すこともなく遊びに行くようになりました。
その頃元夫は無職で毎日PCゲームで遊んでいる日々。日雇いのアルバイトで出かけるふりをして友達や今の主人と遊んでいました。
今の主人と遊ぶようになってから、この人だったらもっと大切にしてもらえるんじゃないか、毎日笑って過ごせるんじゃないかと考えるようになり離婚を決意しました。
しかし、別れたいと口にしたらまた殴られるのではないかもしかしたら刺されるかもしれないと恐怖に怯えました。
離婚を口にできたのはそこから2ヶ月後。なんの問題もなく円満離婚でした。
今の主人に会わなかったら今でも奴隷の様な生活を送っていたかと思うと、救い出してくれたことに感謝しかないです。ビアンコロールの口コミが気になる。

夏メモリーは連日忙しい時間をすごしたこと

最近の夏の思い出は普通レベルでせっせと通勤したこと、8月と9月を連日真夏日と猛暑ですごした頃でした。
温暖化現象で気温が高いシーズンに仕事を探して就業、中高年の仕事探しはやや労力でしたが内容としては良好でした。

単身生活とはいえ心と金銭面にゆとりがなかったので趣味も持たず、一週間の時間を仕事と買い物や掃除、洗濯とか日常の家事ですごしていました。
涼しかったこの夏と比べて平均気温は5℃~6℃高い徒歩通勤、距離が結構長かったのに汗かきながらよく歩いたなと思います。

仕事時間は通常のオフィス・スタイルで、朝から夕方17時くらいまでのフルタイム。
仕事内容もきっちり詰まっていて趣味とか熟慮の時間はなかったけれど、忙しい仕事時間でもユーモアとかジョークあり、雰囲気はベストでした。

平日仕事で夕方まででしたから食料品とか日用品はパルシステムを利用、安値商品の100均一の店舗をチョイスしたのもこの頃です。
休日前の帰宅時間に日用品とか美容アイテムの買い物、通常より仕事時間が長い時は夕食を考慮しさらりと帰り道、パルシステム商品は夕食タイムの効率にフィットしました。
朝食用のトーストとか常備の野菜、レンジ調理のお肉商品とか、仕事タイムの午後おやつもパルシステム商品。
日常に必要な食品とか日用品購入をこのスタイルでクリアしながら、忙しくてもなごやかな時間と仕事内容でまずまずの達成感、のんびりタイムは唯一休日の午後でした。酵素ドリンクのランキングが知りたいです。